ページ上へ


2019年秋アニメ「歌舞伎町シャーロック」【5話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

5話あらすじ

#05「立合いはフライングぎみッ」

街で予備校の看板を見つけたメアリは、憧れのキャンパスライフのために予備校に通いたいとルーシーに訴える。

幼い頃に故郷を離れて以来、歌舞伎町で生きてきた二人。

ルーシーはメアリの望みを叶えるため授業料200万円を兼古親分から借りるのだが、その帰りに飛び降り自殺をしようとしている力士・文丸を発見してしまう。


出典アニメ公式サイト

5話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

#06「漢 小林、やるっす」

兼古組のやばいヤクザ・杉本が出所してきた。

彼はかつて小林の兄貴分だった。

杉本が駄菓子屋を脅してお金と「ドッキリマンシール」を奪っていくところを「歌舞伎町遊撃隊」の子供たちは目撃する。

困っている駄菓子屋を見た遊撃隊のリーダー・ヨシオは、杉本からそれらを盗んでしまう。

怒る杉本。

子供たちにピンチが迫る!

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク