ページ上へ


2018年秋アニメ「風が強く吹いている」【4話】の”感想”や”反響”を紹介!

2018年秋アニメ「風が強く吹いている」【4話】「あらすじ」や「予告動画」

4話あらすじ

「久しぶり…。」そう言って不敵に笑う榊浩介。走と榊は旧知の仲。
思いがけない再会に動揺を隠せない走。
走の胸の内には、高校時代に味わった、才能が故の深い孤独が渦巻いていた。
影を振り切るように駆けていく走。その目の間に、“もう一人の走”が現れる。
それは、灰二に出会う前の自暴自棄な自分だった。忌々しげに過去を見つめる走。
やがて、自分に絶望しそうになったその時、優しく声をかける者が現れる。
それは王子とその仲間たちで…。


出典アニメ公式サイト

4話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwetterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク