ページ上へ


2019年冬アニメ「荒野のコトブキ飛行隊」【10話】の”感想”や”反響”を紹介!

2019年冬アニメ「荒野のコトブキ飛行隊」【10話】「あらすじ」や「予告動画」

10話あらすじ

アレンの研究で、かつてユーハングとイジツを繋げた穴が再び開く可能性が明らかになった。

時同じくしてイサオは自由博愛連合を使って各地に爆撃機を派遣。

連合の思想に同調しない者を排除し、勢力を拡大していた。

そしてついにラハマの街までもイサオの標的に! 

爆撃を阻止しようと立ち上がるラハマの住人とコトブキ飛行隊! 

さらには他の街から避難してきた自警団やナサリン飛行隊も加わって…。

今、ラハマ防衛戦が開幕する!!


出典アニメ公式サイト

10話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwetterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク