ページ上へ


2020年冬アニメ「虚構推理」【11話】感想 Tweetをまとめました

11話あらすじ

 

第11話         最後の虚構

3つの解決を提示したが、いずれも棄却されてしまった琴子。

九郎も鋼人七瀬を倒せる可能性のある未来に手を伸ばしたが、六花によりそれは掴めず儚く消えた。

しかし、琴子にはさらなる策があった。

鋼人七瀬は亡霊ではない。その存在を消すべく放たれる琴子の第4の一撃とは……!?

 

 


出典アニメ公式サイト

11話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

第12話  秩序を守る者

妖怪、あやかし、怪異、魔、物の怪、幽霊、すべてには秩序がある。

秩序に反した行いは、決して許されない。

琴子の第4の解決は、まとめサイトで受け入れられ、鋼人七瀬に最後の一撃を放つ九郎。

果たして鋼人七瀬を消滅させることはできるのか!?そして、六花による企みの目的とは……。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク