ページ上へ


2019年春アニメ「真夜中のオカルト公務員」【6話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

2019年春アニメ「真夜中のオカルト公務員」【6話】「あらすじ」や「予告動画」

6話あらすじ

都内女子行方不明未解決事件の被害者のひとりで、アナザーに囚われていたところを保護された女子高生が目を覚ました。

なんと、彼女は昭和四十年代生まれで、高校生のときにさらわれて以来、そのまま歳をとっていなかった。

長年この事件を追ってきた榊は、彼女から「黒い砂」の話を聞き、ある確信を得る。

かつて自身の姉がさらわれた時にも黒い砂が残っていたのだ。

そして、ついに新の目の前でも事件が。

幼なじみの泉美がアナザーにさらわれてしまう。


出典アニメ公式サイト

6話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwetterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク