ページ上へ


2020年冬アニメ「群れなせ!シートン学園」【6話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

6話あらすじ

第6話  女熊猫の伝記 -メイメイの話-

間様人です。

シートン学園に入学して、数か月が経ちました。

人気者。それはどこにでも存在する。

時に鼻に付くこともあるけれど、人気者にはそれなりの理由があるのです。

ひがまずねたまず、見習うところは見習って、盗めるところは盗もう。

そして僕は、瞳ちゃんの為に成長するんだ。

……なんて、思えたのかもしれない。

――やってきたのが、あのクソパンダでなければ。


出典アニメ公式サイト

6話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

第7話 悩みし獣の野性的習慣-イエナとテルの話-

間様人です。

シートン学園に馴染んでいくのが怖いです。

男らしさ、女らしさ、って何でしょうか。

そんなものに振り回されず、僕はありのまま瞳ちゃんにぶつかっていきたい!

強い想いと折れない心があれば、どんな壁でも乗り越えられるのだから!

とか言いたいけれど、なんか癪です。

――乗り越えようとしているのが、クソハイエナとクソラーテルだから。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク