ページ上へ


2020年冬アニメ「織田シナモン信長」【1話】感想 Tweetをまとめました

1話あらすじ

<第1話>時空を越えて蘇った漢(おとこ)ワシが織田シナモン信長である!?

天正十年六月二日、織田信長、本能寺にて死す――

そしてこの“本能寺の変”から時は経ち、泣く子も黙る“第六天魔王”織田信長が、とってもかわいい柴犬「シナモン」として甦った!?

そんな「織田シナモン信長」が、飼い主の女子高校生、尾田市子(おだ いちこ)とともに出かけたドッグランで、思いがけない面々と出会うことになる!

そこは、群雄割拠の戦場(フィールド)だった!!


出典アニメ公式サイト

1話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

    <第2話>牛乳マンとイチゴパンティ… 
         本能寺の恋(れん)?

ドッグランにて、いつもの面々と顔を合わせていたシナモン(織田信長)の前に、憎き謀反人、明智光秀そっくりのイケメン大学生、三津秀人(みつ ひでと)が現れた。

しかもあだ名は「ミツヒデ」!?

もしや転生した明智かと疑惑を抱くシナモンだが、ミツヒデの予想外の行動にたじろぐことに!?

さらには飼い主の市子がミツヒデにときめいてしまい……!? 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク