ページ上へ


2020年冬アニメ「織田シナモン信長」【6話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

6話あらすじ

<第6話>ロックだぜ!!!かわいい♥最凶の漢現る!?

シナモン(織田信長)たちの前に、またまた“犬”の姿に生まれ変わった武将が現れた。

それは“戦国の梟雄”松永久秀が転生した犬「松永ホイップ久秀」。

戦国時代、主君を裏切るなど悪行を繰り返した男は、転生してもやっぱりロックだった!?

一方、“本能寺の変”で有名な裏切り者、明智光秀は、ひそかに“リス”へと転生し、自分そっくりの大学生、ミツヒデのペットとなっていたが、その心にはある思いがよぎっていた……!? 


出典アニメ公式サイト

6話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

<第7話>地球の平和を守りたい・・・ドッグランより愛を込めて?

テレビを見ていたシナモン(織田信長)が、「現代は次男がメチャモテ」との情報を入手?

自分を含め、家督を継ぐ長男がメチャモテだった前世を思い出す。

その昔、次男坊以下は家督を継げず行き場がなかった。

そんな彼らをまとめて仕官させるなど、次々と画期的なことをやってのけながら、“天下布武”を目指したのが織田信長!!

そして今、虎視眈々と、天下統一による国の平和のもっと先、地球の平和を守るヒーローを目指す者が現れた!?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク