ページ上へ


2020年冬アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」【2話】感想 Tweetをまとめました

2020年冬アニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」【2話】「あらすじ」や「予告動画」

2話あらすじ

#02      いちばん好きでいたい

おしゃれ人間が集うガールズフェスタに出演することになった『Cham Jam』。

れお推しのオタク仲間、くまさに誘われたえりぴよは返事を渋る。

なぜなら人気メンバーでもなく、事務所にも推されていない舞菜がランウェイを歩く可能性は低いから!

わずかな希望を胸に、肩身の狭い思いをしながら会場に来たえりぴよが目にしたものは…。


出典アニメ公式サイト

2話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

 

#03   わたしのこと好きですか?

「テニス部はチャラい!チャラいはテニス部」

空音推しのガチ恋勢・基が大騒ぎするのをスルーしつつ、今日も『ChamJam』の現場に向かうえぴよ。

塩対応にもすれ違いにも負けず、舞菜を推す。

そんな中、えりぴよ以外に初めて舞菜列に並ぶオタクが現れて…。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク