ページ上へ


2020年春アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活 2ndseason」【34話】感想をまとめました

9話あらすじ

2nd season 34話 ‐らぶらぶらぶらぶらぶらぶゆー

兎の姿をした得体の知れない何かの群れに食い殺されてしまったスバル。

半狂乱で目を覚まし、横たわるエミリアの傍で硬い石の床に額を何度も打ちつけるうちに、スバルは再び魔女の茶会へと招かれる。

そこでスバルはエキドナに今まで口にしたくとも決して話すことの出来なかった死に戻りの能力を語る。

スバルの話を聞き終えたエキドナは、スバルに力を与え、苦難を歩ませた存在である嫉妬の魔女について話し始める。


出典アニメ公式サイト

9話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

‐ 2nd season 35話 ‐  地獄なら知っている

墓所から外に出たスバルが目にしたものは、辺り一面を覆い尽くす黒い影だった。

突如として現れた嫉妬の魔女によって、何もかもが黒く飲み込まれていく。

スバルは駆けつけたガーフィールによってどうにか難を逃れるが、嫉妬の魔女は執拗にスバルたちの後を追う。

自らを囮に使えと言うスバルを遮って、追いかけてきた嫉妬の魔女を迎え撃つガーフィール。

しかし、嫉妬の魔女が相手では為す術もなく、黒い影は全てを飲み込んでしまう。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク