ページ上へ

2020年冬アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」【5話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

2020年冬アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」【5話】「あらすじ」や「予告動画」

5話あらすじ

第5話  理系が恋に落ちたので会議してみた。

今日は池田研メンバーが集まり、研究経過を発表する日。

藍香を言い訳に論文を読まなかった虎輔に、池田教授は筋肉を膨張させてペンを粉砕する。

一方、雪村と氷室は、先日のデートの結果を共同発表することに。

どの場面で瞬間最高心拍数を記録したかを発表しながら、恥ずかしさに悶える二人に対し、池田教授は…。

さらに、実験データを増やそうと、雪村と虎輔、棘田と虎輔のペアでも、バイタルデータを計ることになったのだが…。


出典アニメ公式サイト

5話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

第6話  理系が恋に落ちたのでキスしてみた。

棘田に、恋愛的行為の一般条件は「相手とキスしたいかどうか」が大きな要素ではないかと言われ、氷室にキスをしようとする雪村。

しかし、分度器で首の角度を測るような作業的なキスを氷室は嫌がる。

観覧車の中のような良いムードだったら、キスをするのもアリかもと気づいた氷室は、雪村とともにムードを数値化した「ムード値」の定義式を見出した。

果たして、ムード値が最も高い場所とは?そして二人はキスできるのか…!?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク