ページ上へ


2020年冬アニメ「ランウェイで笑って」【11話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

11話あらすじ

11着目「約束」

育人のランウェイが終わり、心と千雪のショーが始まる。

出会いが最悪で、性格も合わない二人。

これまで散々衝突してきた二人は、お互いにとある提案をする。

「チームだけどライバル」。

そんな二人が創り出すランウェイは、ゆずれない想いを形にしたものだった。


出典アニメ公式サイト

11話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

12着目「これは僕の物語」

芸華祭ファッションショーもいよいよ大詰め。

にわかに観客が増える中、綾野 遠のショーが始まる。

遠のテーマは育人と同じ「調和」。遠の持つ圧倒的な技術とセンスは、育人の感情を揺さぶり、羨望させる。

大喝采でショーが終わり、いよいよ育人たちの運命の審査結果が発表されるのだった―ー。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク