ラディアン」タグアーカイブ

2018年秋アニメ「ラディアン」【16話】の”感想”や”反響”を紹介!

巨大なヤリを繰り出す強敵・コンラッド。死闘の末、セトはついにコンラッドを打ち倒す。しかし、ハーメリーヌの手によって街の崩落は始まっていた。攻撃を受けたセトは、吹き飛ばされ意識を失ってしまう。目覚めると、そこにはセトによく似た顔立ちの男が立っていた。ピオドンと名乗る謎の男はセトに問いかける。何のために戦うのか、どの立場の側につくのかと。そして、セトは戦い...

出典アニメ公式サイト

2018年秋アニメ「ラディアン」【15話】の”感想”や”反響”を紹介!

15年前、感染者である幼いハーメリーヌは、同じ境遇の子どもたちとともにランブル・タウンに幽閉されていた。若きコンラッドは、子どもたちをかばう異端審問官准尉・オクシュマレを手にかけ、これを移民たちによる反逆だとでっち上げる。恐怖した人々は幽閉区画を島から崩落させる。これが15年前の真相だった。ただ一人事件を生き残ったハーメリーヌは復しゅうの機会を狙ってい...

出典アニメ公式サイト

2018年秋アニメ「ラディアン」【14話】の”感想”や”反響”を紹介!

セトはドクを人質にされたことで返り討ちにあい、捕らえられてしまう。コンラッドはセトを移民と結託していた犯罪者としてつるし上げ、人々をあおりたてる。移民居住区への砲撃が始まった。セトはグリムの手によって救出されるも、時を同じくしてネメシスが出現、街はさらなる大混乱を迎える。ネメシスを操っていたのは女魔法使い・ハーメリーヌであった。ランブル・タウンの人々を...

出典アニメ公式サイト

2018年秋アニメ「ラディアン」【13話】の”感想”や”反響”を紹介!

異端審問官・コンラッドは、ランブル・タウンで起きる事件は移民や魔法使いたちによるものだと大衆を扇動した。恐怖と不安をあおられた人々は、感染者たちを排除するのだと蜂起。それは以前から移民を忌み嫌っていたコンラッドの計画だった。暴徒と化した人々に捕らえられたタジは処刑されそうになるが、間一髪、駆けつけたセトとメリに救い出される。セトは人々を扇動するコンラッ...

出典アニメ公式サイト

2018年秋アニメ「ラディアン」【12話】の”感想”や”反響”を紹介!

セトたちはスラムにある依頼主の家にたどり着く。長男・タジはネメシスの感染者だった。家族は、移民たちの訴えに耳を貸さない異端審問官に代わって調査をしてほしいとセトたちに懇願する。セトたちが調査を開始すると、避難を告げる鐘の音が響く。ランブル・タウンは乱開発により地盤が不安定になっており、街の崩落を避けるために定期的に住民を移動させなければならないのだ。街...

出典アニメ公式サイト

2018年秋アニメ「ラディアン」【11話】の”感想”や”反響”を紹介!

ドクのもとにネメシス事件についての依頼が届いた。警戒するドクは依頼を断ろうとするが、ネメシスを追いたいセトは強引に出発を決める。一行は轟音(ごうおん)と喧騒(けんそう)の街、ランブル・タウンへと旅立つ。その街では、異端審問官・コンラッドの理不尽な政策によって魔法使いがひどく冷遇されていた。ネメシスと遭遇したセトはこれを捕まえようとするが、そこに全身包帯...

出典アニメ公式サイト