南條 愛乃」タグアーカイブ

キュラソー・オプト・コウガ(されど罪人は竜と踊る)

モルディーンの手足となって動く精強無比の攻性咒式士・十二翼将の第十二席。

切れ長の目に、短い黒髪の東国出身の女性。

祖国から逃れてきた忍者の一派を束ねる頭領で、暗殺を含めた諜報活動を担当するほか、モルディーンの秘書官も務めている。

漬物が得意。

出典