山寺 宏一」タグアーカイブ

アベルト・デスラー(宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち)

かつて「大ガミラス帝星永世総統」として帝国の版図を拡大し続けたデスラー。

しかし、イスカンダル往還の旅を遂行する『宇宙戦艦ヤマト』と関わることで彼の運命は大きく変わる。

政権を失い、「ガミラスとイスカンダルの大統合」という悲願も果たせず、座乗艦デウスーラでヤマトに最後の決戦を挑むも敗北。その命...

出典

吉田 松陽(銀魂)

少年時代の銀時・高杉・桂らの恩師であり、彼らの人生に大きな影響を与えた人物。

既に故人ではあるが、この作品のキーパーソン的な存在。

松下村塾を開き、貧しい子供たちに手習いを教えていた。

最後は、天照院奈落から桂と高杉か松陽のどちらを殺すか選べと命令された銀時によっ...

出典

霞 拳志郎(蒼天の拳 REGENESIS)

第62代北斗神拳伝承者。上海では「閻王」と呼ばれ恐れられる。

ケタ外れの強さとどデカイ器量を併せ持ち、北斗神拳伝承者としての宿命による果てしない戦いに生きる。

ケンシロウとはまた違ったタイプの人物で、どこまでも快活で奔放な性格で、朋友(ポンヨウ。親友の意)のために戦う男である。
...

出典