明治東亰恋伽」タグアーカイブ

チャーリー(明治東亰恋伽)

いつも笑顔で掴みどころがない自称、奇術師。

彼は松旭斎天一とも名乗り人々にマジックを披露している。

悪びれず、常に飄々としているチャーリーはミステリアスな存在だが、主人公に罵られると興奮するという性癖がある


誕生日  :?
職業   ...

出典

岩崎 桃介(明治東亰恋伽)

冷静さと熱情を併せ持つ実業家。

出身校の慶應義塾で電気の研究を続けており、福澤諭吉からの覚えもめでたい。株取引で財を成したが、裕福さを鼻にかけることはなく、彼の考えと行動は洗練されている。

また、非合理的なことを嫌っており、好物であるチョコレヱトをたびたび摂取するのも、エネルギー源として効率的...

出典

小泉 八雲(明治東亰恋伽)

東亰帝國大学の英文学講師。

日本民俗の研究家でもあり、かなり日本贔屓の外国人。

人当たりが良く、とにかく明るくてエネルギッシュな性格をしている。

物腰が柔らかく紳士的な彼は、物の怪をこよなく愛しており、おすすめのデヱトスポットが墓地というやや風変りな一面もある。<...

出典

藤田 五郎(明治東亰恋伽)

警視庁妖邏課に勤務する警部補。

化ノ神を生み出す人間や、物の怪を監視している。

剣の腕はかなりのもので、周囲からも一目置かれている存在。

しかし、無愛想で威圧的な態度のために、市民からは敬遠されている。

そのため、一匹狼に見えるが、実...

出典

泉 鏡花(明治東亰恋伽)

戯曲家を目指して上京してきた書生。

「向かい干支」の置物を集めると幸運を呼ぶと言われたことがきっかけでうさぎの小物集めを趣味にしている。

可愛らしい外見とは裏腹に、神経質な性格で、かなりの毒舌家。しかし、実は犬や雷、極度の潔癖症など弱点が多い


誕生...

出典

川上 音二郎(明治東亰恋伽)

ほれぼれする容姿で見る者の目を引く、新進気鋭の若手役者。

川上一座の劇団主宰でもある音二郎には、劇団の運営経費を稼ぐために女装をして芸者として働いているという秘密がある。

そんな彼は面倒見が良い兄貴肌の人物。

役者であり、芸者としての顔も持つ彼は、交友関係が広く、...

出典