物語シリーズ」タグアーカイブ

臥煙 伊豆湖(物語シリーズ)

年齢は30歳を超えているはずだが、10代にも見える女性で、怪異の専門家。

自分の行動を逐一説明するような違和感のあるしゃべり方をし、【羽川翼】を優に超える知識や洞察力を持ち、「私は何でも知っている」が口癖。


以下ネタバレあり!

【神原 遠江(かんば...

出典

斧乃木 余接(物語シリーズ)

【影縫余弦】につき従う憑藻神の童女。

基本的には表情に乏しく平板なしゃべり方をするが、怪異である性質上、出会った人間の影響を受け性格や口癖などが常に変化している。


以下ネタバレあり!

【臥煙伊豆湖】立案の下、【忍野メメ】【貝木泥舟】【影縫余弦】【手...

出典

影縫 余弦(物語シリーズ)

「やり過ぎるということがないから」という理由で、不死身の怪異を専門とし、「怪異転がし」の異名を持っている京都弁をしゃべる女性の陰陽師。


以下ネタバレあり!

地面の上を歩けない呪いを受けているが、【阿良々木暦】が何もできないまま削り殺されかけるほどの実力者。

出典

貝木 泥舟(物語シリーズ)

漆黒のスーツとネクタイに身を包んだ、抑揚のない口調で話す壮年の男で、「偽物の怪異」を専門とする詐欺師。怪異の専門家としての高い能力を持っているが、怪異の存在を信じていない。


以下ネタバレあり!

撫子達中学生の間で「おまじない」を流行らせたり、戦場ヶ原一家を詐欺にかけた最初の一人...

出典

忍野 メメ(物語シリーズ)

怪異を調べて日本全国を放浪する謎の30代男性で、塾の廃墟ビルに無断居住し、【阿良々木暦】達に怪異への対処法をアドバイスする。

一見うさん臭いが、自称通りの実力者であり、暦に襲いかかった凄腕の吸血鬼ハンターを3人まとめて止め、戦闘力もかなり高いことが窺える。


以下ネタバレあり!<...

出典

忍野 扇(物語シリーズ)

直江津高校の1年に転校してきた女子生徒で、メメの姪を名乗る人物。

常に不敵な笑みを浮かべており、暦のことを「先輩」と呼び、その態度こそ慇懃だが、内容は極めて無礼で平然と愚か者呼ばわりする。

【阿良々木暦】の「(君は)何を知っている?」や「教えてくれ」という問いに対して「私は何も知りません。知っ...

出典

阿良々木 月火(物語シリーズ)

本作の主人公である【阿良々木暦】の妹で、ホトトギスの少女。

大人しそうな外見をしているが、実際は暦や火憐以上にピーキーで、その凶暴さは知らない人間はいないほど・・・。

交友関係が広く、【千石撫子】とも小学生の頃から交流があり、何度か自宅に連れてきていた。

家では和...

出典