約束のネバーランド」タグアーカイブ

2021年冬アニメ「約束のネバーランド 2期」のアニメ情報・各話感想紹介

原作「白井カイウ」、作画「出水ぽすか」により『週刊少年ジャンプ』(集英社)2016年35号から2020年28号まで連載された漫画作品。

シリーズの累計発行部数は2020年10月時点で2500万部を突破している

タイトルは、主人公たちのいる世界やストーリー展開を元につけられている。
...

出典wikipedia

2019年冬アニメ「約束のネバーランド」【12話】の”感想”や”反響”を紹介!

必ず迎えに来ると約束し、4歳以下の子供たちを残していくことを決意したエマ。 そして5歳以上の子供たちは訓練の成果を発揮し、ぞくぞくと崖を渡っていく。 一方イザベラは本部に通報し脱獄を阻止しようとするが、崖の向こうにいるエマたちを目にし、ついに追うことを諦める。 自分もかつてハウスで育った子供であったイザベラは、遠ざかっていく子供たちの背中を静かに見送る...

出典アニメ公式サイト

2019年冬アニメ「約束のネバーランド」【11話】の”感想”や”反響”を紹介!

諦めたふりをしながら、脱獄の準備を進めていたエマとレイ。 レイは出荷前夜、用意していた道具で火事を起こし、その隙に逃げ出すことを提案するが、それはレイ自身を火の中に残すことまでも組み込んだ計画だった。 しかしすんでのところでそれを阻止したエマは、レイの行動を予期していたノーマンからの手紙のこと、そしてハウスの子供たちと進めてきた準備のことを明かすのだっ...

出典アニメ公式サイト

2019年冬アニメ「約束のネバーランド」【10話】の”感想”や”反響”を紹介!

ノーマンが塀の上から見た景色によって農園全体の構造が明らかになった。 しかし彼は、自分は逃げることはしないと出荷の覚悟を決めていた。 必死で引き止めるエマとレイだったが、ノーマンはトランクに糸電話だけを入れて旅立ってしまう。 ノーマンを失い絶望するエマとレイ。遂に脱獄計画を諦めたかに見えたが……? ...

出典アニメ公式サイト

2019年冬アニメ「約束のネバーランド」【9話】の”感想”や”反響”を紹介!

ノーマンの出荷を阻止するため、逃げたふりをしてハウスの敷地内に潜伏するよう提案するエマとレイ。 自分が逃げることでエマたちの脱獄が失敗してしまうと拒否するノーマンだったが、二人の必死の説得を受け入れる。 出荷当日である翌日、逃げるために塀へと向かったはずのノーマンだったが、計画に反して夕方にはハウスに戻ってきてしまった。 戻ってきたノーマンから明かされ...

出典アニメ公式サイト

2019年冬アニメ「約束のネバーランド」【8話】の”感想”や”反響”を紹介!

イザベラに見送られたクローネは、グランマに彼女のミスを訴える。 しかしグランマはそのことを全く意に介さず、クローネは鬼に殺されてしまう。 その日の午後、エマとノーマンを塀の外の下見へと向かわせたレイは、偽の情報を流しイザベラの注意をひこうとするが、それに気付いていたイザベラはレイを部屋に閉じ込めてしまう。 そしてエマとノーマンに対峙したイザベラは、ノー...

出典アニメ公式サイト

2019年冬アニメ「約束のネバーランド」【7話】の”感想”や”反響”を紹介!

イザベラからママの座を奪いたいという目的とともに、ハウスの管理システムについてクローネから聞かされたエマたちは、彼女と手を組むことにする。 その夜、情報収集のためクローネの部屋を訪れたエマとノーマンだったが、逆に発信器の場所や壊し方に気付いていたことを知られてしまう。 子供たちの脱獄計画を本部に訴えるための証拠として、発信器を壊す道具を探すクローネだっ...

出典アニメ公式サイト