ページ上へ


2018年秋アニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ」【17話】の”感想”や”反響”を紹介!

各話Twetterでの「反応」や「感想」はこちらから!

2018年秋アニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ」【17話】「あらすじ」や「予告動画」

17話あらすじ

統括理事会・親船最中の協力を得て、彼女と共に潮岸のシェルターへと突入した『グループ』。

『駆動鎧』に身を包んだ潮岸のもとにたどり着いた海原が目にしたのは、シェルターの警備担当の身を借りて潜入していたかつての仲間、テクパトルとトチトリの姿だった。

海原――エツァリを殺すために魔道書の『原典』を持ち出し、トチトリを犠牲にして閃光の砲撃を繰り出すテクパトル。互いに『原典』を使った激しい戦いが繰り広げられる。

一方、ステファニーの追撃を退けた絹旗は、浜面たちと合流。

『六枚羽』が投入された違和感から、攻撃の狙いが浜面であることを察知し、彼らを逃がすが……。

そして『グループ』は、ついに潮岸から『ドラゴン』について聞き、『それ』と対面する――!


出典アニメ公式サイト

17話を視聴した方の反応

ぜろプラ.アニメ@管理人

う~~ん。原作読んでいないためかなぁ?意味が分からんようになってきた。

もう一回観直し!

小清水さん最高(*´ω`*)

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwetterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク