ページ上へ


2019年夏アニメ「とある科学の一方通行」【10話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

各話Twetterでの「反応」や「感想」はこちらから!

2019年夏アニメ「とある科学の一方通行」【10話】「あらすじ」や「予告動画」

10話あらすじ

非情にも届かなかった舜帝の剣。

『公式』をインストールされた蛭魅は、爆発的な勢いで周囲を巻き込み肥大化を始める。

そして、なんとか脱出したエステルたちの前へと現れ、その正体――『ナンバーズの悪霊』の4体目、『檮杌』であることを顕わにする。

もはや誰をも欺く必要はなくなったとばかりに。

ローゼンタール家の悲願である『完全なるゴレムの完成』を達成すべく、『悪魔』の声に従って行動していたと語る『檮杌』に、エステルは当主として、死を弄ぶ行為をやめるよう命じる。

肥大化は止まり、事件は結末を迎えるかに見えたそのとき。

一連の事件の裏ですべてを操っていた『悪魔』が顔を出す。最後の符に写されていた最悪の存在の正体は――!


出典アニメ公式サイト

10話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告「動画」や「あらすじ」

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク