ページ上へ


2019年秋アニメ「戦×恋(ヴァルラヴ)」【10話】感想 Tweetをまとめました(順不同です)

10話あらすじ

第10話「酔う乙女」

見回り中に邪神派を捉えた一千花は、戦女神(ノルン)第三女スクルド、レスクヴァ、ガルムらと対峙することに。

予想外の一千花の強さに圧倒される邪神派の面々だったが、一瞬の隙をついて三体の悪魔を召喚することに成功する。

人間界での主神派VS邪神派の戦況が大きく動こうとしていた―。


出典アニメ公式サイト

10話を視聴した方の反応

掲載してほしくない等、ご意見ご要望ありましたらTwitterのDM、またはメールへご連絡をお願いします、その際には「アニメのタイトル」「何話感想」を添えてもらえますとスムーズに対応できます。

次回予告

第11話「認める乙女」

とうとう邪神派が亜久津家に攻撃をしかけて来た。

戦乙女たちは、戦力不足と判断し、戦女神(ノルン)の恋人のレスクヴァを襲撃することで、スクルドを無力化する作戦に挑むことに。

一千花の槍で奇襲するチャンスを作るため、二葉が必死に応戦するものの、限界が近づいていた。

果たして邪神派の攻撃に打ち勝つことができるのか!?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


スポンサーリンク